カラーコーディネーターの資格の種類

2017年7月26日 | 資格・職業の種類 |

カラーコーディネーターの資格の種類をピックアップしてご紹介します。

種類数は4種類 - 以下主なもの

ファッションコーディネート色彩能力検定

カラーの資格では一番メジャーな種類。1~3級に分かれており、1級は1次2次試験に分かれていて難易度高し。取り扱う幅も広いため業界を問わず活用できる。

カラーコーディネーター検定試験

東京商工会議所が主催するカラーの資格。主に商品開発やファッション分野における色彩の活用方法に焦点を当てている。こちらも1~3級に分かれている。

アデックカラーマスター色彩士検定

デザイナーやアーティストに向けた資格の種類。カラー理論とカラーを使うための技能など実践分野も問われる。クリエイティブ系の仕事に一役買うカラー資格。

パーソナルカラリスト検定

パーソナルカラーとは個人に最も似合う(惹きたてる)カラーのこと。したがってヘアカラーやメイクなど美容分野で特に役立つ資格の種類である。1~3級に分かれている。

その他の種類

カラーコーディネーターとして活躍するために特別な資格は必要ありませんが、自身のスキルアップのためにも上記4種類のどれかの2級ぐらいまでは勉強すると良いと思います。

カラーコーディネーターの資格に関連する記事

高圧ガス関連の資格の種類 高圧ガス関連の資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
着付けの資格の種類 着付けの資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
生命保険関連の資格の種類 生命保険を扱う上で役立つ資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
歯科助士の資格の種類 歯科助士の資格は全て民間資格です。
栄養士の資格の種類 栄養士の資格の種類をピックアップしてご紹介してます。

注目の種類ベスト5

まだデータがありません。