歯科助士の資格の種類

2017年7月26日 | 資格・職業の種類 |

歯科助士の資格は全て民間資格です。

種類数は7種類 - 以下主なもの

歯科助士


(社)日本歯科医師会に認定を受けた専門学校や歯科医師会で講習を受けることにより取得できる。

認定歯科助士


内閣府認証NPO法人 医療福祉情報実務能力協会(MEDIN)が認定する資格。指定校の教育課程を修了することで認定される。

医療事務管理士(歯科)


技能認定復興協会が主催する資格。医療保険や診療報酬の仕組みを理解し算定できる事務能力を証明する。

歯科医療事務検定試験


医療福祉教育振興グループ内の日本医療事務検定協会が主催する資格。

歯科助士検定


医療福祉教育振興グループ内の日本歯科助手検定協会が主催する資格。1~3級に分かれている。

歯科助手専門秘書検定


日本能力開発推進協会が認定する資格。受付事務、カルテ作成、器具洗浄、治療サポートなどの知識を有することを証明する資格。

その他の種類

歯科・診療報酬請求事務能力認定試験は資格ではないが歯科助士の能力を証明するものなので含めると7種類。

歯科助士の資格に関連する記事

高圧ガス関連の資格の種類 高圧ガス関連の資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
着付けの資格の種類 着付けの資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
生命保険関連の資格の種類 生命保険を扱う上で役立つ資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
栄養士の資格の種類 栄養士の資格の種類をピックアップしてご紹介してます。
介護事務職の資格の種類 今後さらに需要が高まるであろう介護事務職の資格の種類をピックアップしてご紹介します。