ソムリエ資格の種類

2017年7月26日 | 資格・職業の種類 |

ワインアドバイスのスペシャリスト、ソムリエ資格の種類をピックアップしてご紹介します。

種類数は9種類 - 以下主なもの

ソムリエ資格


日本ソムリエ協会主催。受験資格が5年以上の実務が必要となる。会員の場合は3年間の在籍で受験可能。

シニアソムリエ資格


ソムリエ資格取得後3年経過し実務に10年以上従事している場合受験可能。

マスターソムリエ資格


シニアソムリエの中から協会関係者などの推薦によって選ばれる。

ワインアドバイザー資格


日本ソムリエ協会主催。受験資格に3年以上の実務が必要となる。会員の場合は2年間の在籍で受験可能。

シニアワインアドバイザー資格


ワインアドバイザー資格取得後3年経過し、なおかつ10年以上の実務経験を持ち現在に至る場合受験可能。

ワインエキスパート資格


受験資格に必要な条件はないが、お酒を扱うため20歳以上の年齢制限があり。

その他の種類

シニアワインエキスパート … ワインエキスパート取得後5年以上、かつ30歳以上の場合受験資格をもらえる。


ソムリエ / ワインコーディネーター資格 … FOBの講習を受講し、試験に合格した場合取得できる。


プロフェッショナルソムリエ資格 … ソムリエ又はワインコーディネーターの資格取得者でFBOの講習を受講し合格すると取得できる。

ソムリエ資格に関連する記事